読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代の遊びについて

以前もツイッターで似たことを呟いたことがあるんだけど、20代のナンパ師や恋愛工学生の人達に問いたいのが、その遊び本気でやってる?ってこと。

女遊びでもグルメでも酒でもなんでもいいんだけど、体力と気力がピークの貴重な20代を費やしてやるんだから、その世界で国内5本の指に入るくらいの覚悟もってやれと言いたい。ちょっと女性を口説くテクニックを身に付けて小洒落た店を何軒かストックするのがゴールなのか?金曜夜のコリドー街や六本木に掃いて捨てるほどいる量産型遊び人が目指す姿か?そんな量産型と敢えてビジネスで組もうとする人間がいると思うか?

遊びも仕事も両立するなんていうけど、夜10時から2時まで飲んで仕事に戻るなんて体力があればバカでもできるから。あれは両立じゃなくてどちらも中途半端なんだよ。

遊びでトップを張る気概がないなら仕事と勉強に打ち込んだ方が良い。少なくともこの瞬間、この案件については自分の右に出る者はいない、そういえるものを作るべき。そういう仕事を30半ばまでにどれだけ経験するかがその後のキャリアを大きく分ける。34~5歳になってから周りを見回して気づいても遅い。

そうして培ったスキルがあれば「桃李言わざれども、下自ら蹊を成す」でビジネスに繋がるキーパーソンも自然と集まってくる。 仕事と勉強で頭角を表していけば出来る年長者が目をかけるようになるし、年長者が案内してくれる社交の世界で必要な遊びを学ぶこともできる。

それでも若い今のうちにどうしても遊びたいなら、最長で1年って期間を区切って、その間はあらゆるリソースと努力を最優先で注ぎ込んで遊ぶべし。そして成果を出すべし。20代の過ごし方はそれくらい大切ってこと。